私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

NAIN「Zeeny Lights × 白雪巴」サディスティックなボイスがたまらない!!ガジェットイヤホン!!

【高音】★★★★

【中音】★★★★

【低音】★★★

【傾向】フラット

【解像度】良い

【分離感】普通

【音場】普通

【フィット感】普通

【取り回し】普通

【ドライバー】1DD

【発売当時の値段】9,800

f:id:tonchinkan_ear:20220323002115j:plain

f:id:tonchinkan_ear:20220323002421j:plain

f:id:tonchinkan_ear:20220323002521j:plain

★良い点★

・ガジェットとして高性能。

・白雪巴さんの声がたまらない。

・リーズナブルな金額だが音が良い。

 

★悪い点★

・ペアリングが不安定

 

こちらは株式会社ネインがリリースする完全ワイヤレスイヤホン、Zeeny Lightsと、「にじさんじ」のVTuber、白雪巴とのコラボレーションアイテムになる。

 

デザインも独自のものになり、ペアリング時やタップ時の音声も白雪巴さんのものになる。

 

実は私は「にじさんじ」は知っているが白雪巴さんに関しては存じておらず、このイヤホンも、ひょんなことから手に入れたため、あまり詳細をわかっていなかった。

 

白雪巴さんに関して調べてみるとTwitterには「SM」「百合」などの一般社会の方とは無縁そうな単語が飛び交っており、中々に強烈なキャラクターではないかと推測した。

 

またペアリングすると「つながったね」、音楽再生時もタップすると白雪巴さんのボイスが聞けるのだが、これがかなり良い。

 

たかがボイスなのだが、M男心をくすぐる冷たいボイスなのだ。

 

白雪巴さんに関して詳しくない人間がそう思うぐらいなので、彼女のファンからしたらたまらないだろう。

 

1、音質以外の評価

外見はコラボデザインという事で好みは分かれそうだが、個人的には個性的でかっこいいデザインだと感じた。

 

取り回しも比較的良好。付属イヤーピースはフィット感は弱いが、柔らかくて長時間装着していても不快感はない。

 

私の場合はMサイズだと少し小さく、Lサイズだと少し大きいため、適切なフィットはしていないと感じたものの、装着感が悪くなかったのでMサイズで使わせてもらう事にした。

 

他社製の定番イヤーピースに変えれば、高いフィット感が得られると感じた。

 

2、音質・内容評価

まずこのイヤホンはガジェットとして面白くて、Zeenyと呼ばれるアプリを使うと、スマホに届いた通知を読み上げてくれる。

 

例えばLINEにチャットで届いた内容や、Gmailに届いたメール本文を全て音声が読み上げてくれる。

 

アプリリストと呼ばれるものがあり、このアプリは読み上げ、このアプリは読み上げないといった設定も可能だ。

 

特別、読み上げ機能に興味があったわけではないのだが、いざ使ってみると中々便利だ。

 

また私は誤った内容が送られたらどうしようと怖くて使っていないのだが、音声での返信も可能なため、LINEの連絡に対してスマホを触らずに返信なども可能だ。

 

音質に関してだが、

 

高域は少し強めで、人によっては刺さると感じそうだが、価格帯を考えると解像度が高いと感じた。

 

中音域も明瞭で、ボーカルはリズム隊に埋もれず鮮明に聞こえる。

 

低域は量感が少な目に感じるが、恐らくは付属イヤーピースを変更する事で解決できる。決して出ていないわけではない。

 

そして凄いのがZeenyアプリに搭載されたSpicetone機能。こちらはイコライザのように使う事ができて、4種類の音質がある。

 

ソリッドになって高音を強調したSapporoや、ボーカルを強調したウォームな音質のNAHA、重低音重視でヒップホップ等に向いてるNakameguroなどがある。

 

これが別のイヤホンかと思うぐらいに音質を変えてくれるのだが、妙な不自然さはなく、聞くジャンルによって切り替える事で音楽をより楽しめると感じた。

 

元の音質もフラットでかなり聞き心地が良いのにSpicetoneのおかげで苦手なジャンルがなくなり、本当に万能なイヤホンだ。

 

そして驚かされるのが、こちらはコラボ製品だからこそ9800円だが、オリジナルのZeeny Lights4400円と、かなりリーズナブルなのだ。

 

ガジェットとしての側面が注目されているのと、あまり知名度のないメーカーなのでオーディオ界では名前を聞かないが、音質だけでも他のメーカーの1万円前後のイヤホンと十分に戦えると言えるだろう。

 

また元値が4400円とリーズナブルなTWSにも関わらず、apt-xに対応しているのも好印象だった。

 

【総評】

こちらのコラボ製品は既に売り切れているので容易に購入できるものではないが、Zeeny Lightsというイヤホン自体は万能で素晴らしく、ガジェットとしてもおすすめだ。

 

是非、多くの方にネインという会社と、Zeeny Lightsシリーズが広まってほしいと感じた。

 

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【名機認定!!!】

 

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

 

OPPO Reno3a(apt-x接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源

Raveena/Asha's Awakening(ポップス,女性ボーカル)

Mark Broom/Funzfzig(テクノ)

・ヒグチアイ/最悪最愛(J-POP,女性ボーカル)

・なみちえ/毎日来日(ヒップホップ,女性ボーカル)

Jenny Hval/Classic Objects(ポップス,女性ボーカル)

・ズーカラデル/JUMP ROPE FREAKS(J-POP,ロック)

OMI/ANSWER...(EDM,J-POP)

 

私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。

かなり相性が良い→◎相性が良い→〇あまり良くない