私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

SHOUER(LETSHUOER)「TAPE」静電気ドライバーによる繊細な音にパワフルな低域!!

【高音】★★★★

【中音】★★★★

【低音】★★★★

【傾向】フラット

【解像度】良い

【分離感】良い

【音場】狭い

【フィット感】良い

【取り回し】普通

【ドライバー】ミニチュア低圧静電気ドライバー + 1DD

【発売当時の値段】14680

★良い点★

・高い解像度

・沈み込みの深い低域

 

★悪い点★

・万人向けとは言いづらい癖のあるチューニング。

 

こちらはSHOUER(現在はLETSHUOERと改名)の第一段イヤホンで、わずか15千円ほどながら、静電気ドライバーを搭載した変わった構成のイヤホンだ。

 

またカセットテープを模したデザインのハウジングも個性的である。

 

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

 

1、音質以外の評価

変わった形のハウジングだが、装着感は上々。イヤーピースは可もなく不可もなくだが、特別に交換の必要性は感じなかった。

 

元から更に6N単結晶銅ケーブルが付属してくるのだが、高級感がある反面、太くて、やや重め。夏場は暑さを感じるぐらいの存在感だ。

 

2、音質評価

高域はかなり繊細で解像度が高い。スマホ直刺しだと刺さるような印象はないが、ポタアンなど出力の高いアンプだと少し尖って聞こえるかもしれない。

 

中音域は明瞭だが、他の帯域に比べて存在感は薄い。ボーカルも鮮明だが前に出るような印象ではない。

 

低域は量感がありパワフル。沈み込みが深い。

 

色々なイヤホンを聞いたが、結構変わったチューニングに感じた。

 

低域が強い割には全体としては中・高域寄りの音に聞こえる。解像度が高いからだろうか。

 

ギターの音に厚みがないため、生楽器のロックにはあまり合わない気がした。

 

反面、ジャズやヒップホップのベースの音の沈み込みが心地よく、これらのジャンルとは相性が良いと感じた。

 

クラシックは私は悪くないと感じたが、音場が狭いイヤホンなので、大所帯のオーケストラなどは横の広がりがなくて好みが分かれそうだ。

 

滑らかな高域が特徴的で、電子音楽もかなり相性が良いと感じた。

 

ポップスに関しては昨今の打ち込み系のものとの相性が良いと感じた。

 

静電気ドライバーと言うと鳴らしづらいイメージから、出力の高い再生機器を使いたくなるが、スマホに直接刺しただけでも、かなりしっかりと鳴った。

 

むしろウォームな低域と刺さりづらくも鮮明な高域のバランスが良く、下手に相性の悪い再生機器を使うぐらいならスマホ直刺しのが良いのではないかと感じた。

 

【総評】

人には薦めづらいが個性的な音で面白い。ヒップホップやジャズをスッキリした音で聴きたい時に今後も活用しようと思っている。

 

何本かイヤホンや、再生機器を所持している中級者~上級者のサブ機としては、大変おすすめできる品だ。

 

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

 

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

 

Oppo Reno3a(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源

オーウェン・パレット/ISLAND(クラシック)

FKJ/VINCENT(ジャズ)

・パフューム・ジーニアス/Ugly Season(エレクトロニカ)

 

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)

私立恵比寿中学/穴空(初回盤2枚組)

・舐達麻/GODBREATH BUDDHACESS(ヒップホップ)

GODFLESH/GODFLESH(インダストリアル,メタル)

 

●iPhone8 + ベンチャークラフト SounDroid Vantam(V7LJ2A 7Nclass Lightning-USB横出しデジタルショートケーブルを使ったUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源

CodyLee()/心拍数とラヴレター、それと優しさ(J-POP)

 

私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。

かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △