私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

Blue Ever Blue「Model 2000EX」アナログライクな音と広い音場!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】悪い
【分離感】悪い
【音場】広い
【フィット感】やや悪い
【取り回し】普通
【ドライバー】2DD
【発売当時の値段】17600円ぐらい

★良い点★
・アナログライクな音
・広い音場

★悪い点★
・分離感の悪い音
・ハウジングの形状の問題でフィットしづらい装着感

こちらはアメリカのBLUE EVER BLUEのイヤホンだ。

元々はModel 2000とModel 2000EXの両方が開発されていたが、最終的には2000の開発を中止し、2000EXに集約して発売するに至った経緯があった。

またこちらはダイナミックドライバー2機搭載という、少し珍しい構成のイヤホンだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
クリアシェルは美しくはあるが、プラスチッキーな外観は17000円のイヤホンとしては少し安っぽく見える印象もあった。

ケーブルはMMCXではなく、公式によると"「複数の新興米国ブランドで採用実績のある形状」を採用"とのことだ。

リケーブル出来るのは結構だが、独自規格で名前もわからないものだと実質リケーブルできないに等しい状態なので、あまり意味がないような気がした。

イヤーピースは純正のものとspinfitの2種類6ペアが付属。

純正のものは可もなく不可もなく、そのためspinfitのが相対的によく感じた。

2、音質以外の評価
高域は結構量感があり、再生機器によっては刺さるような印象もあった。

中音域はボーカルは明瞭だが、ギターなどリズム隊の音は少しボヤけた印象もあった。

低域は量感多めで結構深くまで沈み込む印象だ。

全体的にアナログな音の印象。新しい音源よりは古い音源のがムードをもって再生できそうだ。

よく言えばレコードプレイヤーで再生したような音だ。また音場も広めでスピーカーを意識した音作りに感じた。

ジャズ喫茶や名曲喫茶の大爆音で聞いているような迫力のある音だ。

半面、音の分離は良くなくて、ロック系の音数の多い音源を聞くと何を演奏しているのかわからないぐらいには演奏がごちゃつく印象だ。

正直、分離感に関しては昨今の5000円以下のイヤホンより劣るような印象だ。

またハウジングの形状があまり見ない形で、イヤーピースがしっかりと密着しづらい構造に思えた。

これも分離が悪く聞こえるのに拍車をかけていそうだ。

そのため、かなり人を選びそうな音だし、価格帯相応のクオリティかと言われると怪しいなというのが正直なところだ。

ただジャズやクラシック、音数の多くないポップスやボーカルものに関しては独特の鳴らし方が悪くない印象だ。

またX(旧Twitter)で公式アカウントの方が話していたが、テクノとの相性もよく思えた。独特の音場の広さがクラブシーンを連想させた。

ただ前述の通り解像度は高くないので、雰囲気重視の鳴らし方と捉えてほしい。

また高域のピアノの鳴らし方などは美しく魅力的だ。

あとはDAPやポタアンを使ってもスマホ直挿しの時と大きくは変わらず、むしろ出力のある機器だと高域が刺さりやすくなるため、スマホ直挿しの時のバランスが個人的には一番好ましいように感じた。

【総評】
ごちゃごちゃ書いたが個性があって個人的には好きなイヤホンだ。

100本以上もイヤホンを持っていると他のイヤホンと特色が被らないだけで価値があるのだ。

ただクラシックやジャズをメインで聞いているとかでない限りは、他の人には薦めづらいイヤホンだ。

またスピーカー的な音場や音質をイヤホンに求めているのなら、Bowers & Wilkinsの一連のイヤホンのが余程高いクオリティで仕上げているので、そちらのがおすすめだ。

【点数】 ★★★★★★★ 7/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・レオダニス・カヴァコス/Bach: Violin Concertos(クラシック) ◎

OPPO Reno3a + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
ジェフ・ミルズ/THE TRIP - ENTER THE BLACK HOLE(テクノ) ○
・DuelJewel/[RE]REVIVE(ロック) △
・BES/WILL OF STEEL(ヒップホップ) ○
・Imminent / Synapscape - Screenwalking(インダストリアル,テクノ) ○
・ヴィジェイ・アイヤー/Compassion(ジャズ) 〇

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
・あたらよ/極夜において月は語らず(J-POP,女性ボーカル) ○
・Orangestar/And So Henceforth,(ボカロ) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △