私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

自己紹介

アニメとイヤホンが好きな、どこにでもいる男性です。

 

年収200万円前後ですが幸せです。

 

自己顕示欲と自己承認欲求が強いので、イヤホンやヘッドホンの"個人的な感想"を当ブログで発表しています。

 

メル友も募集しているので、気軽にこちらのアドレスまでメールください。

mazo_itainogakaikan@yahoo.co.jp

 

オーディオ知識ゼロの男が自己顕示欲を原動力に始めたイヤホンレビュー ブログです。 

 

使用スマホ

OPPO Reno3a(2021年4月〜)

HUAWEI P30 lite(〜2021年3月) 

iPhone 8(サブ機)

 

使用DAP

・Cayin N5ii

・fiio M9

SONY NW-ZX300

ASHIDAVOX「ST-31-02」沈み込む低音!明瞭なボーカル!!

【高音】★★★
【中音】★★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ウォーム
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】普通
【装着感】普通
【発売当時の値段】22000円

★良い点★
・明瞭なボーカル
・深く沈み込む低域

★悪い点★
・解像度は同価格帯で並
・人によっては低音の量感が多く感じるかもしれない。

元々はモニターヘッドホンとしてリリースされていた「ST-31」を音楽用ヘッドホンとして再チューニングしたものだ。

仕様もオリジナルからは少し変更があるようだ。

今回はこちらのヘッドホンをレビューしよう。

1、音質以外の評価
モニターヘッドホンらしく無骨な外観。よく言えば昭和レトロを感じさせるし、悪く言えばお洒落とは対照的な見た目なのだが、一周回ってファッショナブルとも捉えられそうだ。

個人的には渋い見た目で好みだ。

装着感は可もなく不可もなく。SONYなどの大手メーカーのものに比べると、やや硬めのイヤーパッドだ。

また側圧は少し強め、尚且つ少し耳から浮くような感覚もあり最良の装着感とは言い難いが、案外長時間使っていても疲れない印象だった。

ケーブルの長さは長すぎず短すぎず。ポータブルとして使うには少し長めだが、実際に電車移動時に使ってみると使用感は悪くなかった。

2、音質評価
高域は明瞭だがドスッとした音でキラキラ感はない。また余韻があるタイプの音でもなかった。女性ボーカルの表現は得意だ。

中音域は明瞭。特にボーカル重視の方には好ましく思えた。

低域は量感もあり沈み込む印象だ。全体の中でも特に印象の強い帯域だ。

まずアンプやDAPなどの高出力のもので再生するか、スマートフォンに直挿しするかで大きく印象が変わる印象だ。

スマートフォンに直刺しの場合だが、低音がボヤけた印象で存在感が薄くなるので中音域が際立つ印象だ。

そのためeイヤホンのレビューでも書かれていたが、配信動画を見たり、ボーカルメインで聞く時に好ましい印象だ。

反対に出力強めだと低音が強く聞こえて、かなり濃厚な音に思えた。

mojoを使った際は低域が圧倒的な存在感で、他の帯域が目立たなくなるような印象を持ったので、最終的にはifi audioのGo Linkを多用させてもらった。

出力ある機器で鳴らした時は沈み込む低域を活かしてクラシックのオーケストラ物やジャズも悪くないのだが、案外、打ち込み系の現代ポップスが特に相性が良い気がした。

スピード感がないわけではないのだが濃厚な低域のおかげで全体的にドッシリした印象のサウンドだ。

ボーカルは男女ともに悪くないが女性ボーカルのが得意な印象だ。

個性的な音だが、配信視聴やボーカルメインで聞く時に好ましく思えた。

【点数】
正直、同価格帯にはもっと解像度の高い、一般的に良い音のヘッドホンは沢山あるのだが、ドカッとした低域と明瞭なボーカルのバランスは唯一無二で、このヘッドホンの音で聞きたいタイミングが何度もあった。

動画視聴に良いのもあって、個人的には使う頻度の高いヘッドホンだ。目的がしっかりしているならおすすめだ。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【ヘッドホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

Huawei P30 lite + Chord Mojo(Amazonベーシック USB Type Cケーブル 15cm (タイプC - マイクロ2.0タイプB)によるUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Tani Yuuki/HOMETOWN - EP(J-POP) ○
ももいろクローバーZ/イドラ(アイドル,女性ボーカル) ○
カマシ・ワシントン/Fearless Movement(ジャズ) ○

Huawei P30 lite + iFi audio GO link + Amazon Music HDによるサブスク音源
・フレッド・ハーシュ/Silent, Listening(ジャズ) ○
・Dua Lipa/Radical Optimism(ポップス,女性ボーカル) ◎
・WILYWNKA/90's Baby(ヒップホップ) ○
・YOASOBI/E-SIDE 3(J-POP,女性ボーカル) ○

DENON DCD-50 + DENON PMA-60(純正COAXケーブルにてCOAX接続)(ヘッドホン端子を使用)
・Aimer/Open α Door(J-POP,女性ボーカル) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

DZAT「DF-10」低価格の個性派ウッドイヤホン!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★
【傾向】ウォーム
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】良い
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】2000円ぐらい

★良い点★
・木製ハウジングならではの優しくウォームな音
・低価格帯だがバランスの取れたチューニング

★悪い点★
・値段相応に甘さや足りない部分はある

こちらは中国の木製ハウジングイヤホンだ。独自開発のダイナミックドライバーが使用されている。

決して有名なメーカーのものではないが、当時はデザイン性や低価格なのが話題になって多くの人が購入していたような印象だ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

ちなみに2色(材質?)展開されていたが、今回使用したのは「Maple」だ。

1、音質以外の評価
布製のキャリングポーチ、イヤーピースがシリコン3ペアとフォームタイプが1ペア、更にペンとノートが付属していた。

イヤホンにペンとノートが付属してくるのは前例がなく面白い試みに思えた。

またデザイン性のあるハウジングやキャリングポーチの材質などにこだわりが感じられ、物を所有する喜びを考えたアイテムではないかと感じた。

イヤーピースの装着感は、正直微妙だ。ステムが太いためMサイズでは耳の奥に入らず、このイヤホンではSサイズを使用した。

フォームタイプのイヤーピースは潰してから戻るのが早すぎたり、そもそも1サイズにも関わらず少し小さめでしっかりと耳の中で密着している感覚がないためコンプライに比べると劣った品だ。

イヤホンのケーブルは取り回しの良いもの。また曲を再生・停止できる1ボタンが付いており、AndroidiOSの両方に対応していた。

2、音質評価
高域は明瞭だが刺さるような印象はなかった。余韻はあまり感じない音だ。

中音域も明瞭。ボーカル表現も得意だ。

低域は量感がありウォームな印象だ。

木製ハウジングから想像されるような優しい音で聞き疲れしなさそうだ。

木製ハウジングのイヤホンは中・低音域重視の印象があったが、割と高域も印象に残った。

解像度の面では多くの5000円代のイヤホンに敵わないが、2000円と考えると必要十分に思えた。

DAPで再生することによって解像度が上がり、ボーカルも更に明瞭になった。

バランスの取れた音であまりジャンルを選ばない印象だ。

決して細かい表現が得意なわけではないが、この価格帯でクラシックやジャズを楽しく聞けるのは素晴らしいと言えるだろう。

得意なジャンルとしてはボーカルもの、また、打ち込み系の音源も案外よかった。

上流を変えることで音はパワーアップするものの、リモコン付きだし、スマホ直挿しでカジュアルに使うのが好ましく思えた。

また、超低価格帯にも関わらず木製ハウジングならではの優しい響きをしっかりと堪能できるのが良かった。

【総評】
ライトユーザーの選択肢としても当然好ましいし、オーディオオタクの視点で見てもなかなか面白いエントリーモデルだった。

デザインや付属品も含めて評価していきたい。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
sumika/unmei e.p(J-POP) ○
ユジャ・ワン/The Vienna Recital(クラシック) ○
・The Avett Brothers/The Avett Brothers(フォーク,ポップス) 〇
・Dream Crease/Nocturne Chalice(アンビエント) ◎

●Fiio M9(3.5mm直挿し)
坂本真綾/記憶の図書館(アニソン,女性ボーカル) ◎
IKU/ユアウエア(アニソン,女性ボーカル) 〇

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

TINHIFI「T3」中高音域重視の優等生イヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★
【傾向】フラット
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】やや悪い
【取り回し】普通
【ドライバー】1BA + 1DD
【発売当時の値段】7580円

★良い点★
・繊細で解像度の高い高域

★悪い点★
・低域の量感が少なめ
・やや装着感が悪い形状

現在ではオーディオマニアの間で高い知名度と評価を誇るTINHIFIの初期の名機と呼ばれるイヤホンだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
イヤーピースは豊富で半透明と黒のシリコンイヤーピースと、フォームタイプのイヤーピースが付属した。

シリコンのものはどちらも音質、装着感共に大きな差は感じられなかった。

元々の装着感があまり良くないイヤホンなのでフォームタイプのがしっかりと耳にフィットする感覚があった。

ケーブルは中古で買ったものなので画像のものは緑化しているが、恐らくは新品で購入したら黄色の綺麗なケーブルなのだろうと想像した。

太くて丈夫なのは結構だが夏場は暑苦しく感じそうだ。

耳掛けワイヤーが入っているのは有難いのだが、そのせいもあって装着感が悪く、シリコンイヤーピースだと耳の奥までしっかりフィットしない感覚があった。

2、音質評価
高域は明瞭。またかなり主張があるものの刺さる直前ぐらいの印象だ。キラキラした音で高域好きには好ましいのではないかと思った。

中音域は明瞭。ボーカルもしっかりと聞こえるが不自然に前に出るような印象はなかった。

低域はタイトで量感少なめだがフォームタイプのイヤーピースを使用すれば、しっかりとした存在感を感じられた。

低域自体は上質なので、音源によってはDAPなどのイコライザーで低域を少し上げればバランスが取れるようにも思えた。

全体的にフラットでスッキリとした音質だ。ジャンル選ばず美しい音を奏でるだろう。

反対に低域の迫力を重視するよな楽曲では物足りなさを感じるかもしれない。

ただヘヴィメタルなどの低域のパワーが必要なジャンルでは低域を上げると、迫力が必要十分になるのと高域の抜けの良さも相まって案外心地よく聞けたので、イコライザーを弄るタイプの人にとっては万能なイヤホンになる可能性があるだろう。

個人的な感想としては優等生すぎるイヤホンに思えた。もう少し個性というか、癖が強いイヤホンのが好みだ。

【総評】
客観的に見てバランスの良いイヤホン。美音系、スッキリとした音作りで、ポップスの他、クラシックやジャズにも合うように感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3a + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
・澤田 空海理/振り返って(J-POP) ○
・Sebastian Bach/Child Within The Man(ヘヴィメタル) ○
・Teens in Trouble/What's Mine(ロック,パンク ) ○

OPPO Reno3 A + iFi audio GO link + Amazon Music HDによるサブスク音源
・35.7/書を捨て、歌を編む(J-POP,女性ボーカル) ○
・WILLOW/empathogen(ジャズ) ○
おいしくるメロンパン/eyes - EP(J-POP) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
ウマ娘 プリティーダービー ROAD TO THE TOP [Disc 1](アニソン,サントラ) ○
ウマ娘 プリティーダービー ROAD TO THE TOP [Disc 2](アニソン,サントラ) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。 ※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

AUGLAMOUR「F200」ボーカル綺麗な金属ハウジングイヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★★
【低音】★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】良い
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】2000円ぐらい

★良い点★
・綺麗なボーカル表現

★悪い点★
・低音はボヤけた印象

こちらはAUGLAMOURのイヤホンで、10mmのグラフェン振動板を採用したダイナミックドライバーを採用している。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
安いイヤホンにしては充実した付属品でイヤーピースの他にキャリングポーチやイヤーフックも付属していた。

イヤーフックがあるのでシュア掛けも可能なのだが、耳から垂らして使う際の装着感がかなり良かったので、シュア掛けにする必要性がないように感じた。

AUGLAMOURと言えば「A8」が有名だが、「A8」に比べてかなりフィット感が良く多くの人の耳に合うように思えた。

ケーブルはゴムゴムして取り回しの悪いもの。KZのATRなど低価格のイヤホンに使われてた材質に似ていた。

金属ハウジングはリケーブルできないとは言え価格帯以上の高級感があり所有欲が満たされた。

2、音質評価
高域は金属筐体らしく目立った印象で音源によっては刺さるように思えた。

中音域は明瞭かつ低価格イヤホンとは思えない素晴らしいボーカル表現だ。特に女性ボーカルは得意に思えた。

低域は適度な量感があるがボヤけた印象で輪郭が掴めなかった。ただ量が出てるだけという印象だ。

中・高音域重視で低域は捨てているような印象。ただ2000円前後のイヤホンとして割り切ったチューニングで特に悪い印象ではなかった。

とにかく前に出てくるボーカルが素晴らしく、ボーカルもの、特に女性ボーカルのポップスとは相性が良く感じた。

また高域の抜けが良いのでパンク系の楽曲も気持ちよく聞けた。

スマートフォン直挿しでも十分に鳴るが、アンプを通したり高出力のDAPだと中・高音域がより鮮明になる印象だ。

ただ価格帯を考えてもスマホ直挿しでラフに使うのが良いのではないかと思った。

しっかりと金属ハウジングらしさも味わうことができる音色で、それで2000円前後というのは、かなりコストパフォーマンスが良く思えた。

【総評】
ボーカルメインで聞かれる方にとっては良い選択肢になると思うし、金属ハウジング独特の響きも良かった。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・アルカライン・トリオ/Blood, Hair, And Eyeballs(パンク) ○
・SugLawd Familiar/DAY TIME SNACK(ヒップホップ) ○
・ILLIT/SUPER REAL ME - EP(K-POP,女性ボーカル)
・Number_i/Blow Your Cover - EP(J-POP)
ジャスティン・ティンバーレイク/Everything I Thought It Was(ポップス) ◎

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
相対性理論/ハイファイ新書(J-POP,女性ボーカル) ◎
fripSide/infinite synthesis(アニソン,女性ボーカル) ○
・柴田聡子/Your Favorite Things(J-POP,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

KZ「AS16」8BAによるウォームで濃厚なサウンド!!

【高音】★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ウォーム
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】8BA
【発売当時の値段】13888円

★良い点★
・とにかく濃厚でぎっしり詰まった音
・上質な低域

★悪い点★
・音が濃すぎる
・高域のキラキラ感はない

こちらはKZの16BA(片側8BA)のイヤホンだ。

当時はとにかく多ドラのイヤホンを安く提供するという価格競争が起こっており、その中でも最も極端なものとして発売された印象だ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
低価格イヤホンを提供していたKZからも、ついに1万円越えのイヤホンのリリースとなったが、付属品はいつもと変わらず「ふじつぼ」イヤーピースと簡素なケーブルだ。

デザイン性のあるハウジングではあるが、1万円前後のイヤホンと考えると価格相応というか、特別な高級感は感じられなかった。

2、音質評価
高域は明瞭だが刺さる印象はなかった。全体の中でも印象の薄い帯域だ。

中音域は明瞭。ボーカルもよく聞こえるがリズム隊と同じぐらいに定位し、自然な表現に思えた。

低域は適度な量感があり、ややウォーム寄り。上質に感じた。

解像度も高く、スピード感もある音なのだが、それ以上に音の濃さが目立っだ。

とにかく、ありとあらゆる音が鳴って重厚な印象だ。

そのためAS06やAS10など、同社の過去のイヤホンにあったようなスッキリ感はなかった。

中・低域寄りでキラキラ感も薄めなので、高域を重視される方には向かないだろう。

そのため好みは分かれそうだし、私個人としては下位機種のAS06のが音は好みだ。

だからと言ってAS16が駄作というわけではなく、このこってり濃厚な音が聞きたいタイミングもあった。

ポップス、ロック、EDMあたりが向いているように感じた。

またKZの過去のイヤホンに比べると破天荒さがなくなり、現在のKZに続くような落ち着きめのチューニングになった印象だ。

【総評】
これ1本で全てを賄うという感じではないが、中華イヤホン好き、多ドラ好きは押さえておいても良さそうなイヤホンだ。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

Huawei P30 lite + Chord Mojo(Amazonベーシック USB Type Cケーブル 15cm (タイプC - マイクロ2.0タイプB)によるUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Logic1000/Mother(EDM) ◎
・A夏目/Gum(ヒップホップ) ○
・I love you Orchestra Swing Style/PROUD STORY(R&B) ○
Awesome City Club/close:to - EP(J-POP,女性ボーカル) ○
・ブリーチャーズ/Beachers(ロック) ○
・アッシャー/COMING HOME(R&B) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
・Ferocious X/Svårt Att Överleva(ハードコア・パンク) ◎
魔法科高校の劣等生 オリジナルサウンドトラック 1(アニソン,サントラ) ○
・Mori Calliope/JIGOKU 6(J-POP,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

WG「T-one」上質でウォームな低域に、抜けの良い高域!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】テスラ磁気ドライバー
【発売当時の値段】10880円

★良い点★
・ウォームで上質な低域
・金属筐体らしい主張のある高域

★悪い点★
・特になし

こちらはWGの金属筐体イヤホンだ。

WGは日本では知名度が低いが既に何本かイヤホンをリリースしているメーカーだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
本来は何ペアかのイヤーピースが付属するはずだったが中古で買ったので本体とケーブルだけだった。

共通のものかわからないが、偶然にも同社のT2というイヤホンを持っていたので、それに付属しているイヤーピースのMサイズを使ってレビューした。

金属筐体のイヤホンだが派手な見た目ではないものの高級感があると思えた。

色合いも様々なファッションにも合わせやすそうだ。

ケーブルも取り回しが良かった。

2、音質評価
高域は強い主張があり、音源によっては多少刺さるような印象も受けた。

中音域は明瞭だがボーカルはリズム隊と同じぐらいに定位。低域の量感もあるのでボーカルだけを集中して聴きたい人には違うかもしれない。

低域は適度な量感がありウォームでありながらスピード感も兼ね備えていて、かなり上質だ。

個人的にはかなり好みの音だ。量感のある低域と抜けの良い高域でロックやメタルを聴くのが非常に気持ちよかった。またジャズとの相性もよく思えた。

楽曲もミドルテンポからハイテンポまで対応しており解像度も高めに感じた。

TRI-I3に音が似ていると言われており、実際にそのように感じたが、私自身はTRI-i3の音に世間の評価ほどハマることができなかったのでT-oneのが好みに思えた。

このイヤホンはもっと評価されるべきであり、低域好きの方には文句なしにおすすめできる内容だ。

スマホ直刺しよりはアンプを通した方が本領が発揮されると感じた。

【総評】
個人的に好みの音なのもあって評価は甘くなるが、10000円前後で、この解像度の高さと、メリハリのあるサウンドはコストパフォーマンスもかなり高いように感じた。

隠れた名機と言っても差し支えないだろう。

【点数】 ★★★★★★★★★ 9/10
【名機認定!!!】

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

Huawei P30 lite + Chord Mojo(Amazonベーシック USB Type Cケーブル 15cm (タイプC - マイクロ2.0タイプB)によるUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Mutoid Man/Mutants(パンク) ○
・堂村璃羽/不定期日記(ヒップホップ) ○
・Darkthrone/It Beckons Us All…….(ブラックメタル) ○
・Exhorder/Defectum Omnium(スラッシュメタル) ◎
lyrical school/DAY 2(ヒップホップ,女性ボーカル) ○
・Spectral Wound/A Diabolic Thirst(ブラックメタル ) ○

OPPO Reno3a + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Avantdale Bowling Club/Avantdale Bowling Club(ジャズ,ヒップホップ) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

BLON「BL-A8」個性的ハウジングでバランス取れたチューニングのイヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★
【傾向】フラット
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】9700円

★良い点★
・バランスの取れたチューニング
・個性的なハウジングデザイン

★悪い点★
・特徴に欠けるチューニング
・低域の印象は薄い

こちらはBLONの亜鉛合金ハウジングのイヤホンだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
見ての通り個性的な見た目のハウジングが特徴的だ。

見た目に関してはお値段以上の高級感を感じた。

本来ならイヤーピースが6ペア付属するはずだったのだが中古で購入したため1ペアしか付属してなかった。

恐らくMサイズで耳のサイズにもピッタリ合ったのでそのまま使った。

2、音質評価
高域は明瞭。他の帯域に比べて少しだけ主張が強いが、刺さったりとか、極端なものではなかった。

中音域も明瞭。ボーカルは明瞭だが前に出るような不自然な印象はなかった。

低域は適度な量感でタイト。全体の中では存在感が薄く、特別に上質というわけではないので、低域重視の方には向かないイヤホンに思えた。

非常にバランスの取れたチューニングで、あまり音源を選ばない音作りな気がした。

クールでスッキリした音作りだ。反対に低音の量感や迫力を求めている方には違うように思えた。

一見、開放型イヤホンのようなビジュアルだが実際はカナル型イヤホンのように密閉された装着感なので、極端な音漏れの心配もないし遮音性も高く感じた。

正直なところ、あまり書くことがない特徴のないチューニングだ。

敢えて言うならボーカルものに向いていて、ヒップホップなどの低域の広がりを重視するようなジャンルには向いていない気がした。

スマートフォン直挿しでも十分に音量が取れたが、DAPやポタアンを使うことで本来以上の実力を発揮してくれるイヤホンでも合った。

お値段以上の価値があるとも、お値段以下とも思わないし、値段相応に思えた。

何本もイヤホンを持っているようなヘヴィユーザーが個性的なデザインのハウジングを求めたりとか、たまには特徴のない音もいいよね、なんて考えながら買ったり、使ったりすれば良いと思った。

【総評】
微妙な感想になってしまいましたが、私自身は処分せず家に残しておくことにした。

見た目がかっこいいから。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A + iFi Audio GO blu(LDAC接続)(3.5mm) + Amazon Music HDによるサブスク音源
亜咲花/So Precious - EPアニソン,女性ボーカル) ○
・SSGIRLS/Follow your arrows - EP(アニソン,女性ボーカル) ○+

OPPO Reno3a + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
・TRUE/ReCoda / ブルーデイズ - EP(アニソン,女性ボーカル) ○
・Grumpster/Grumpster(パンク,女性ボーカル) ○
サイモン・ラトル, Veronika Eberle & ロンドン交響楽団/Beethoven: Violin Concerto(クラシック) ◎
・ケイシー・マスグレイヴス/Deeper Well(ポップス,女性ボーカル) ◎

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
・小糸侑 (高田憂希) & 七海燈子 (寿美菜子)/hectopascal(アニソン,女性ボーカル) ◎
・ガールズ & パンツァー 10周年ベストアルバム [Disc 1](アニソン,女性ボーカル) ○
・ガールズ & パンツァー 10周年ベストアルバム [Disc 2](アニソン,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △