私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

自己紹介

アニメとイヤホンが好きな、どこにでもいる男性です。

 

年収200万円前後ですが幸せです。

 

自己顕示欲と自己承認欲求が強いので、イヤホンやヘッドホンの"個人的な感想"を当ブログで発表しています。

 

メル友も募集しているので、気軽にこちらのアドレスまでメールください。

mazo_itainogakaikan@yahoo.co.jp

 

オーディオ知識ゼロの男が自己顕示欲を原動力に始めたイヤホンレビュー ブログです。 

 

使用スマホ

OPPO Reno3a(2021年4月〜)

HUAWEI P30 lite(〜2021年3月) 

iPhone 8(サブ機)

 

使用DAP

・Cayin N5ii

・fiio M9

SONY NW-ZX300

HITACHI「HP-404」デザインが奇抜な4chレトロヘッドホン!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ウォーム
【解像度】悪い
【分離感】普通
【音場】普通
【装着感】普通
【発売当時の値段】不明

他に比較できるようなレトロヘッドホンを持っていないため、普段に比べて簡易的なレビューとさせていただく。

ヘッドホンアンプはFOSTEX HP-A4をMacBook AirにUSB接続(AudioquestのDRAGON TAILを使用してTYPE Cポートに接続)したものを使用した。USBケーブルは純正の付属品を使用。

高域は出てはいるが、ドカッとした印象の重い音でキラキラした印象はない。

中音域は割と明瞭でボーカルがしっかりと聞こえる。リズム隊の音は少しこもった印象だ。

低域は割と量感はあるのだが、こもった印象があり、明瞭さは足りないと感じた。

全体的にウォームで優しい音という印象だ。

Aimerの「残響散歌」を聞いたところ、音がこもって聞くに耐えない印象だったが、ヨルシカの「ただ君に晴れ」を聞いた時はボーカルも明瞭で悪くないと感じたので、昨今の音楽でも相性の良し悪しがあると感じた。

ジャズのロバート・グラスパーの「オーヴァー」を聞いたところ、ピアノの優しい響きが心地よく、低音の多さもムーディーに感じたので、ジャズとは相性が良いかもしれない。

またクラシックアーティストのマックス・リヒターの「Richter: Prelude 6」を聞いたところ、ピアノの音が心地よく、高域に特徴があるヘッドホンかもしれないと感じた。

全体的な抜けの悪さは好みが分かれそうだが、独特のまったりとした雰囲気に心地よさを感じる人はいそうだ。

クラッシュの「ロンドン・コーリング」や、ザ・フーの「無法の世界」などの古い曲も試してみたところ、やはり古い曲のが現代の曲に比べて相性は良いと感じるが、ロック系の楽曲だと少し高域がキツく感じた。

比較的パワーのあるFOSTEX HP-A4のローゲインで、ダイヤルを半分ぐらい回す必要があったので鳴らしづらいヘッドホンだと感じた。

またこちらは、4ch再生ができる珍しいヘッドホンなので、当然の事ながら4ch再生できる機材があれば、また違った印象の音を奏でるのかなと想像できる。

【総評】
定価もわからず、他にレトロヘッドホンを持っていないので比較は難しいのだが、音だけで言えば特筆するべき点はないと感じた。

高域が明瞭な割には低音のこもった印象のせいで、抜けが悪くウォームな印象を受けるヘッドホンだ。

オールド・ロックも悪くないが、クラシックやジャズで本領を発揮するのではないかと個人的には感じた。

【点数】 ★★★★★★★ 7/10

BQEYZ「Summer」繊細で金属的な高域が特徴的な抜けの良いイヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD + 1BA + 5層圧電式セラミック
【発売当時の値段】13999円

★良い点★
・金属的で解像度の高い高域
・前に出てくる綺麗なボーカル

★悪い点★
・音源や環境によっては耳につく・刺さる高域
・少し輪郭が弱めの低域

こちらは中国のBQEYZのイヤホンだ。BQEYZとしてはミドルな価格帯の製品となる。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
ハウジングは画像で見るよりも高級感はあったが、1万円を越えるイヤホンとしては可もなく不可もなくと感じた。

個人的には眺めるだけで所有欲が満たされるほどではないと感じた。

ケーブルは高級感があり取り回しも良い。

イヤーピースは黒いものと白いものの2種類があるが、個人的には大きく音質は変わらないと感じたので好みで選べば良いと感じた。

付属のイヤーピースにしては装着感は悪くない。

2、音質評価
高域は非常に鮮明で、シンバルの音は伸び、女性ボーカルの伸びも天井を感じさせない印象だ。

ただ金属的な音なのと、金物が騒々しく感じるため、人によっては不快に思うかもしれない。

中音域も明瞭。ギターなどの楽器の音もボーカルも前に出るような印象だ。

低域は量感はそれなりにあり、少ないとは感じなかった。ただ他の帯域が鮮明なのに対して僅かにボヤけた印象もあった。

低域を重視して選ぶイヤホンではないと感じた。

中・高音域寄りのサウンドだが、低域に適度な量感がある事でカマボコではなく、ドンシャリ的な印象を与えるチューニングとなっている。

割とジャンルは選ばず万能だ。また高解像度のため、ブルータルデスメタルのようなハイテンポで音数の多いジャンルもゴチャゴチャしたりせずに聴く事ができた。

個人的には音数が多くハイテンポなポップスに向いていると感じた。

また刺激的な高域のため、EDMなんかもスカッとした抜けの良い音で気持ちよかった。

ただ刺さりに敏感な方や、長時間リラックスして音楽を聴きたい方には向いていないと感じた。

またスマートフォンに直挿ししても物足りなさを感じさせず、アンプやDAPを持たないユーザーでも安心して使えると思った。

【総評】
スピーディーで元気な音、そして全体的なバランスも良く、個人的には割と好きな音だ。

5層圧電式セラミックドライバーによる繊細で分離感のある高域は、同価格帯ではなかなか味わえない音で、このイヤホンの個性だと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

Huawei P30 lite(3.5mm直刺し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
sumika/For.(2022年4th) ○

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(ALO audio Cryo SXC 18G mini to miniによるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
BAND-MAID/Unleash(ロック,女性ボーカル) ○+
・BE:FIRST/BE:1(J-POP) ○

Huawei P30 lite + iBasso DC03 + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Krisiun/Mortem Solis(デスメタル) ○

OPPO Reno3 A + Fiio Q5s(CL06によるUSB接続) + AM3D(3.5mm) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Totally Enormous Extinct Dinosaurs/When the Lights Go(EDM) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
supercell/Today Is A Beautiful Day(J-POP,アニソン,女性ボーカル) ◎
・DEVIATED INSTINCT/Rock 'N' Roll Conformity(ハードコアパンク) ○
ポルカドットスティングレイ/何者(ロック,女性ボーカル) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

XROUND「FORGE NC」聴覚テストや専用アプリで自分好みにカスタマイズ!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ウォーム
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】広い
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】12800円

★良い点★
・聞き疲れしづらいウォームなチューニング
・広い音場
・専用アプリの充実した機能

★悪い点★
・低音が多めに感じる方もいるかもしれない
・あまり抜けの良い音ではない

こちらは台湾の新進気鋭メーカーの完全ワイヤレスイヤホンだ。

アクティブ・ノイズ・キャンセリングを搭載し「ビジネスからスポーツまで、高負荷なトレーニングや通勤でも自在に音楽を楽しみたい。」を満たす完全ワイヤレスイヤホンとのことだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
シンプルなデザインだが高級感があり価格相応と感じた。

イヤーピースは2タイプのものが、S・M・Lサイズ付属するが、大きな音質の差は感じなかった。

敢えて言えば色が付いたイヤーピースの方が装着感が良いと感じた。

イヤーフックで耳に固定されるのでイヤーピースのサイズが合っていれば外れるような心配もないと思った。

タッチ操作の反応は少し悪いが許容範囲内だ。

2、音質評価
高域は出ているが存在感は薄い。キラキラというよりはドスッとした音の印象で刺さりとは無縁な印象だ。

中音域は明瞭だが特にボーカルが前に出るような印象はなくリズム隊と同じ位置で鳴っている印象だ。

低域は量感がありウォームな印象だ。立体感や広がりがある。

全体的に優しめの音で刺激的な部分は少ない。

また音場の広さが特徴的で音源によってはスピーカーで聴いているような臨場感が得られる。

元々の音質だと高域が少し物足りなく感じるが、専用アプリのイコライザーで自分好みの音に仕上げられる。

また聴覚計測機能の「Tailor ID」を使うと、聴力検査のようなものの後で自分の耳に合ったイコライザー設定にしてもらえる。

実際にテストを行ったところ、物足りないと思っていた中・高音域が上げられたイコライザーが用意されて私好みの音になった。

音楽ジャンルではジャズやクラシックをゆったりと聞くのに向いていると感じた。

優しく刺激の少ない音だが、立体的な低域や横に広がりのある音のため、EDMやヒップホップを聞くとクラブで音に包まれているような感覚になり案外相性が良いと感じた。

アプリの機能やイコライザーを使えばほとんどの音源に対応できると感じたが、あまりスピード感のある音ではなく、抜けが良いわけでもないので、アニソンや女性ボーカルのポップスをパキパキした音質で聞きたい方には別の選択肢があるだろう。

【総評】
低域に好みが分かれそうだが価格帯以上の音質だと感じた。

また充実のアプリ機能でチューニングを変えることができるので、1本のワイヤレスイヤホンで全ての音楽ジャンル鑑賞を済ませたい方にも好ましいと感じた。

総じて現行の完全ワイヤレスイヤホンの中でもコストパフォーマンスに優れた品だと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・B'Rock Orchestra & ルネ・ヤーコプス/Schubert: Symphony No. 8 in B Minor, D. 759 "Unfinished" & Symphony No. 9 in C Major, D. 944 "The Great”(クラシック) ○
・サッカー・マミー/Sometimes, Forever(ポップス,女性ボーカル) ○
・Low/Hey What(ロック,ポップス) ○
・ハードウェル/Rebels Never Die(EDM) ○
・Antonio Sanchez/SHIFT (Bad Hombre, Vol. II)(ジャズ) ◎
ザ・フー/The Who Sings My Generation(U.S. Version)(ロック) ○
ポルノグラフィティ/暁(J-POP) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

YOBYBO「X BOAT PRO」次世代のお洒落イヤホン!!高域の立ち上がりが速い!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】9900円

★良い点★
・立ち上がりの速い高域
・聴き疲れしづらいサウンド
・取り出しやすくデザイン性のある充電ケース

★悪い点★
・全体的にあっさりとしたサウンドで分析的に聴くには向いていない

こちらはInstagram等で話題の近未来的なデザインの完全ワイヤレスイヤホンだ。

YOBYBOはこれまでにもデザイン性の高いイヤホンを手がけてきたが、こちらは2022年の最新作だ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
こんなデザインがあったのかと驚かされる楕円形デザインの充電ケースに驚きだ。

一般的な充電ケースのように蓋を開ける手間がないのも嬉しい。

イヤホン自体は取り出しやすいが左右がパッと見ではわかりづらいので、ケースを見てパッと判別がつく形だと嬉しかった。

インナーイヤー型なのでイヤーピースなどはなく、装着感は人それぞれだと思うが個人的には可もなく不可もなくだ。

首を強く振ったら落ちそうだが、反対に言えば移動したり首を軽く曲げる程度では落ちそうな気配はなかった。

タッチ操作は反応しなかったり、押しづらかったりと少し不満はあるが許容範囲内だ。

2、音質評価
高域は明瞭。全帯域の中で一番特徴的だが刺さるような鋭さはない。

中音域は明瞭でボーカルが際立つようになっている。

低域は量感少なめでタイトな印象だ。

いわゆるドンシャリに分類される音だが、どの帯域も特に派手な音を鳴らすわけではないので聴き疲れはしにくそうだ。

高域の立ち上がりにスピード感があるため、ハイテンポのアニソンやJ-POPに向いていると感じた。

音数が多くハイテンポの曲でも音が塊にならず、しっかりと分離しているのは凄いと感じた。

ただ、どの帯域もアッサリとした印象で、高域は鮮明だが余韻は少なめで、低域も沈み込みが浅い。

聞き流す程度には良いが、オーディオオタクが求めるような聞き込み要素は少ないと感じた。

【総評】
パッと取り出してすぐに装着できるので家事や外出時に気軽に使えるイヤホンだと感じた。

またデザイン性が高いのでファッションと合わせて活用したいと思った。

決して音質が悪いわけではないのだが、高音質を重点に考えている方には別の選択肢があるだろう。

良い意味で「聞き流す」感覚で気軽に音楽を聴くのには最適だと感じた。

【点数】 ★★★★★★ 6/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(apt-x接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・崎山蒼志/find fuse in youth(J-POP) ○
・Marta Arpini/I Am a Gem(ジャズ,女性ボーカル) ○
藤原さくら/SUPER MARKET(J-POP,女性ボーカル) ○
Predawn/The Gaze(ポップス,女性ボーカル) ○
・スカート/アナザー・ストーリー(ロック) ○
・かいこ/みゆはん(ポップス,女性ボーカル) ○
・Kevin Morby/This Is a Photograph(ポップス) ○

●Fiio M9(apt-x接続)
the peggies/goodmorning in TOKYO(ロック,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

KENWOOD「KH-CRZ700」すごい低音でライブ感を演出!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】狭い
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】7980円

★良い点★
・グルーヴ感・ライブ感のある低音
・低音の量感の割にはマスクされない中・高音域

★悪い点★
・低音の量感が多すぎる
・少しこもった印象で解像度重視ではない

こちらは2015年にリリースされたKENWOODのイヤホンだ。

「KH-KZ1000」という下位機種のイヤホンや、ステレオヘッドホン「KH-KZ3000」「KH-KZ1000」と同時に発売された。

この頃はKENWOOD名義でオーディオ機器がリリースされることは少なくて、久々のリリースに驚いた方も多かっただろう。

また販路が公式の通販などの一部に限られていた。

1、音質以外の評価
赤のキシメンコードが特徴的だ。現在ではあまり使われなくなったキシメンコードは絡まりやすかったりとマニアからは不評なことが多いが、こちらはツルツルした素材で取り回しの悪さは感じられなかった。

また掴むところがある縦長のハウジングは装着しやすい。

シュア掛けはできないタイプの機種だがハウジングが想像より軽くて装着感は悪くない。

金属も使われたハウジングはお値段以上とまではいかなくても、相応の高級感を持ち合わせている。

イヤーピースは可もなく不可もなくだが付属のイヤーピースにしては悪くない装着感だ。

2、音質評価
高域は主張は薄いが分離はよく立ち上がりも早い。スピード感のある高域が鳴っているのがわかる。

中音域も明瞭。ヘヴィメタルなどの元々が低音の強い音楽を聴くとマスクされてしまうこともあるが、ポップスに関しては割とハッキリとボーカルが聞こえると感じた。

低域はとにかく量感が多い。特に2022年現在のイヤホンのチューニングの流行と比べると信じられないような量の低音だ。

この手の音作りは10年以上前のイヤホンに多く、バンドサウンドをライブ感を持って聞くのには良いが、低音がダマになったように聞こえるので好みは分かれそうだ。

得意なジャンルはロックやヘヴィメタル、EDM。ヘヴィメタルやEDMに関しては大きなライブハウスやクラブに行ったような馬鹿デカイ低音に笑ってしまう。

通常、このぐらい低音が出ているとモッサリとした音像になりがちだが、中・高音域の立ち上がりが早くて分離も悪くないので全体的にはスピード感のあるサウンドに感じた。

私のような低音が大好きな人間からしても低音の量がかなり多く感じた。

ちなみにポータブルアンプやUSB DACも使ってみたのだが、スマートフォンに直刺しした時と大きな差は感じられず、鳴らしやすいイヤホンなので、アンプの必要性はほとんど感じなかった。

【総評】
最近はほとんど聞かなくなった音作りが新鮮で面白かった。

昨今では1万円以下でも高音質のイヤホンが多くなった中で、今になってわざわざ買う必要のあるイヤホンとは思えないが特徴的なデザインも含めて面白いイヤホンだった。

【点数】 ★★★★★★★ 7/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

iPhone 8(Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Pianos Become the Teeth/Drift(エモ) ○
・ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ/AfterLife(ヘヴィメタル) ◎
・Fake Creators, LITE & DE DE MOUSE/FAKE EP(EDM) ○
・Pale Waves/Unwanted(ロック) ○
・KOWICHI, ZOT on the WAVE & SELF MADE/We Made It(ヒップホップ) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
lynch./THE AVOIDED SUN(AAC)(ロック,ヴィジュアル系) ◎
BUMP OF CHICKEN/FLAME VEIN +1(ALAC)(ロック) ○

OPPO Reno3 A + iBasso DC03 + Amazon Music HDによるサブスク音源
鈴木このみ/Lead(アニソン,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

Periodic Audio「Mg-G2」迫力の低音が気持ちいい!!個性派イヤホン!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】狭い
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】12100円

 

★良い点★
・迫力ある低音
・独特の音の響き方

★悪い点★
・音場が狭い
・音がこもっていると感じる人もいるかもしれない

Periodic Audioはアメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くイヤホンブランドだ。

こちらは10mm径のカスタムトランスデューサーに高マグネシウム含有マグネシウム/アルミニウム合金のダイアフラムが使用されたというイヤホンだ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
外観はあまり高級感を感じない。値段を知らない人が見たら5000円以下のイヤホンだと思うのではないだろうか?

ケーブルもゴムゴムした素材のもので、あまり取り回しが良いとは言えない。

またフィルターの色(銀が左、赤が右)で左右判別するのだが、コードにはLR表記がないため暗い場所だとわかりづらいのが難点だ。

ただフォローするわけではないが、実際にハウジングを触ってみると高級感がある。使用しているとミニマルなデザインにも愛着が湧いてくる。

イヤーピースはシリコン、ダブルフランジ、フォームの3種類がそれぞれ3サイズ付属するものの、どれも装着感は最適とは言いづらい。

シリコンは滑りやすい素材のためフィット感が悪く、シュア掛け不可能なイヤホンのため耳から抜けやすい印象だ。

私の場合Mサイズだと抜けやすく、Sサイズで奥まで押し込むと安定するが低音の迫力が減衰したように感じてしまった。

ダブルフランジは見た目から想像するよりはフィット感がよく、ボーカルが少し前にでる印象だが耳穴が痛くなる。

個人的にはフォームタイプが一番装着感が安定しており、人によっては少し低音が多めに感じるかもしれないが良いバランスだと感じた。

ただ更なる音質やフィット感の向上を計るならサードパーティ製のイヤーピースに変えた方が良いと感じた。

ステムは太めなのでスパイラルドットやfinal Eタイプなどが良いかもしれない。

2、音質評価
高域は出てはいるのだが存在感は薄い。また余韻は少なめでサッパリとした印象。

ただしポータブルアンプやDAPの使用でかなり印象の変わる帯域だ。

中音域は、ボーカルは特に前に出ることはなくリズム隊と同じ位置で鳴る印象だ。低音が量感多めだがボーカルが埋もれる印象はなかった。

ボーカルメインというよりは、背景の演奏とボーカルの一体化した音楽を聴きたい方におすすめだ。

低域は量感多めで、ウォームで聴き疲れしない音の印象だが、メリハリがありボワつくような印象はない。

スピーカーの目の前で音を聞いているような迫力があって個人的には好みだ。

iPhone 8に純正の「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を使用して聞いたところ、さすがは1万円代のイヤホン、iPhone付属イヤホンや5000円以下の平均的なイヤホンとは比べ物にならない高音質を奏でた。

ただしDAPやポータブルアンプを使用すると存在感の薄かった高域が、一気に主張を増すようになった。

好みもあるだろうが、個人的にはアンプ、ないしはDAPにて使用したいと感じるイヤホンだった。

ポップスやロックのほか、個人的にはEDMやヒップホップも良いと感じた。

クラシックを聴くには少し情緒が足りなく音場が狭いと感じた。

白いイヤホンだが癖のあるチューニングで万人向けとは言いづらいかもしれない。

FURUTECHの「ADL EH008」というイヤホンと鳴り方が似ていると感じたが、「ADL EH008」もかなりマイナーなイヤホンで参考にならなくて申し訳ない…。

【総評】
クールで淡々とした音の印象で個人的には好きな音。個性もあるし、見た目からは想像もできないような良い音を鳴らすと感じた。

とは言え、初心者の最初の1本には薦めづらい。買うにしても視聴できる環境下で自分に合った音か試してからのが良いと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

iPhone 8(Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Mariam Batsashvili/Romantic Piano Masters(クラシック) ○
・GATTEM G JONES & Authority/Tokyo is testing you - EP(ヒップホップ) ○

iPhone 8 + ベンチャークラフト SounDroid Vantam(V7LJ2A 7Nclass Lightning-USB横出しデジタルショートケーブルを使ったUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Broken my toybox/Broken my toybox(ロック) ◎
・Gin Blossoms/New Miserable Experience(ロック) ◎
Hudson Mohawke/Cry Sugar(EDM) ○
・ジャパニーズマゲニーズ/TRIP MASTER2(ヒップホップ) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
ClariS/BIRTHDAY(アニソン,女性ボーカル)(ALAC) ◎
・DAOKO/DAOKO(ヒップホップ,女性ボーカル)(ALAC) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

SIMGOT「EM2R (Rolition)」スピード感抜群!!女性ボーカルの表現に優れたイヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★★
【低音】★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD + 1BA
【発売当時の値段】16800円

★良い点★
・女性ボーカルの息遣いまで聞こえそうな素晴らしい表現
・中・高域寄りの解像度の高い音
・スピード感のある音作り

★悪い点★
・低域が量感少なめ
・音源や環境によっては刺さりやすい高域

こちらは中国のイヤホンメーカーSIMGOTのイヤホンだ。インパクトのあるパッケージがかっこいい。

同社は「EM2」と呼ばれるイヤホンを既にリリースしているが、その次作的な作品でありながら、ハウジング、ドライバーなどに改良が加えられて別物のイヤホンとなっている。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
ハウジングは初代EM2に比べると多少高級感が増したが、最近は1万円代のイヤホンでも高級感のあるものが増えたので、それに比べると少し安っぽく見える。

構成は初代EM2と同じ1DD + 1BAだがDDのドライバーが複合チタン振動版からカーボンナノチューブ振動版に変更。またBAドライバーも初代とは型番が別のものが使用されている。

イヤーピースは2種類のものがS・M・Lサイズ、それぞれ付属している。

Eartip 1は中・高域寄りのものになり、かなり刺激的な高域が楽しめる。またEartip 2で抜けが悪いと感じる音楽に関しては1に変えることで改善する事がある。

そのかわり低域の量感は2に比べて少なく、また高域が刺さりやすい印象を受けた。

対してEartip 2は1に比べると低域の量感が増え、バランスの良い音だと感じた。ただ音源によっては1に比べて抜けの悪さを感じる。

またEartip 2だとしても、元々少なめの低域に不足感を感じる人もいるだろう。

付属イヤーピースは滑りやすい素材のもので、上手くフィットしない方もいると思うので、そのような場合はAET07などのサードパーティー製のイヤーピースに変えても良いと思った。

2、音質評価
高域は抜けがよく、どこまでも伸びていくような感覚がある。立ち上がりは早いが余韻は少なめだ。

中音域は明瞭で特にボーカルは前に出てくるような印象だ。男性ボーカルも苦手ではないが、女性ボーカルの表現が素晴らしすぎるので男性ボーカルは少し霞む印象だ。

低域は量感は少なめだがタイトで、必要最低限は出ている。このぐらいのが良いと感じる方もいるだろう。

スマートフォンでもかなり鳴りやすい仕様になっているようで、手持ちのOPPO Reno3 Aのイヤホンジャックに直接挿してみたが必要十分な鳴り方だった。

ポータブルアンプなどを使えば多少は音の傾向が変化するものの、スマートフォン直刺しがメインのユーザーでもEM2Rのサウンドは十分に楽しめると感じた。

バンドサウンド、打ち込み共に得意だ。EDMなどもスピード感があるので楽しめた。

女性ボーカルのポップス、ハイテンポのアニソン、スピード感のあるパワーメタルやスラッシュメタルなども得意だ。

音数が多い曲も音がダマになる印象がなく、爽快に聴けるイヤホンだ。

やや聴き疲れしやすい印象はあるものの、テンション高めで音楽を聴きたくなる良作だ。

初代EM2も女性ボーカルが得意なイヤホンだったが、どちらかと言うとウォームでミドルテンポの楽曲のが得意な印象があったので、EM2とEM2Rは見た目こそ似ているが別物のイヤホンだと感じた。

どちらが良いかと言われると個人的には甲乙つけがたい。EM2のウォーム感も個性的で心地よく感じたので、聴く楽曲の好みで選んでも良いと思った。

【総評】
女性ボーカルや速い楽曲メインで聞きたい方には有力な選択肢となるであろうイヤホン。

カラーバリエーションも豊富なのでお洒落なイヤホンが欲しい人にもおすすめだ。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
ジューダス・プリースト/Reflections(ヘヴィメタル) ○

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(DITA Truth Interconnect 3.5 to 3.5 Mini Cable によるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Singapore Symphony Orchestra & Lan Shui/Scriabin: The Poem of Ecstasy, Op. 54, Prometheus, Op. 60 & Piano Sonata No. 5, Op. 53(クラシック) ○
・George FitzGerald/Stellar Drifting(EDM,ハウス) ◎
ブラインド・ガーディアン/The God Machine(パワーメタル) ◎

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
・ツユ/貴方を不幸に誘いますね(J-POP,女性ボーカル)(ALAC) ◎
・4s4ki/Castle in Madness(J-POP,女性ボーカル)(ALAC) ○
・DIALOGUE+/DIALOGUE+1(J-POP,アニソン,女性ボーカル)(ALAC) ○
SHAKALABBITS/EXPLORING OF THE SPACE(J-POP,女性ボーカル)(AAC) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △