私はイヤホンハンター

オーディオで破産!生活保護まで、あと一歩!!

自己紹介

アニメとイヤホンが好きな、どこにでもいる男性です。

 

年収200万円前後ですが幸せです。

 

自己顕示欲と自己承認欲求が強いので、イヤホンやヘッドホンの"個人的な感想"を当ブログで発表しています。

 

メル友も募集しているので、気軽にこちらのアドレスまでメールください。

mazo_itainogakaikan@yahoo.co.jp

 

オーディオ知識ゼロの男が自己顕示欲を原動力に始めたイヤホンレビュー ブログです。 

 

使用スマホ

OPPO Reno3a(2021年4月〜)

HUAWEI P30 lite(〜2021年3月) 

iPhone 8(サブ機)

 

使用DAP

・Cayin N5ii

・fiio M9

SONY NW-ZX300

SONY「XBA-C10」独自開発BAドライバーを使ったエントリーモデル!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】良い
【取り回し】普通
【ドライバー】1BA
【発売当時の値段】3000円ぐらい

★良い点★
・全体的にスッキリとした音で、尚且つ高い解像度
・ジャンルを問わないバランスの良いチューニング

★悪い点★
・特になし

こちらはSONYからリリースされた1BAイヤホンだ。

安価なエントリーモデルながら、独自開発のバランスド・アーマチュア・ドライバーユニットを採用している。

今回はこちらのイヤホンをレビューしよう。

1、音質以外の評価
カラーが4色あり、バリエーションがある点では個々人の好みで選べる利点がある。

見た目に高級感があるとは言い難いが、そもそも3000円前後のイヤホンで、尚且つ若い年齢層を対象にしていると考えたら適当なデザインだろう。

装着感はかなり良く、SONYのハイブリッドイヤーピースや本体の形状による恩恵が大きいだろう。

シュア掛け式のイヤホンではないにも関わらず、耳から抜けやすいと感じる事はなく、手軽に装着できて尚且つフィット感も抜群という素晴らしいイヤホンだ。

2、音質評価
高域は明瞭かつ、BA型らしい鮮明さを併せ持っている。

中音域も明瞭で、女性ボーカルの伸びは特に良く感じた。

低域も1BAのイヤホンにしてはかなりの量感があり、ウォームで優しい低域だ。尚且つBAドライバーにしては沈み込みも深く感じた。

さすがはSONYのイヤホンだけあって、非常にバランスのとれたチューニングだ。

特に3000円以下の1DDのイヤホンに比べて解像度は非常に高く、10年以上前に発売されたイヤホンとは思えないほどだ。

これ1本でも十分に楽しい音楽ライフを送れるだろうと思えた。

今回はスマートフォンと安価なDAPで試したが、非常に鳴らしやすいイヤホンなので特に専門的な機材の必要性は感じなかった。

【総評】
安価な値段に対して、解像度の高さや装着感の良さは非常にコストパフォーマンスが良いと言えるだろう。

またポップスからジャズ、クラシックまでジャンルを選ばない万能さも嬉しい。

生産終了になっているのが惜しい品だ。今でも十分に需要があると感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・YOASOBI/E-SIDE 2(J-POP,女性ボーカル) ○
・Lifelover/Pulver(ブラックメタル) ○
・RIP Swirl/Blurry(エレクトロニカ) ○
ADAM at/OUTLAST(ジャズ) ◎

●Fiio M9(3.5mm直挿し)
・映画『ゆるキャン△』オリジナル・サウンドトラック(アニソン,サントラ) ◎
Clifford Brown & Max Roach/Clifford Brown and Max Roach(ジャズ) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

Moondrop「Aria」ボーカル向きの聴いてて楽しい名機!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】10980円

★良い点★
・ボーカルの表現が秀逸
・聞いていて楽しい

★悪い点★
・低域に存在感を感じない

こちらは数々のIEMが高評価を得てきたMonndropのイヤホンだ。

直径10mmのデュアルキャビティ高性能ダイナミックドライバーとLCP液晶ポリマー振動板を採用したものになっている。

今回はこちらのイヤホンをレビューしよう。

1、音質以外の評価
キャリングケースとイヤーピース、交換用フィルタ、ピンセットが付属する。

イヤーピースは可もなく不可もなくだが、装着感や遮音性の部分で少し不安があるため、必要があればサードパーティー製に交換した方が音質は良くなるだろうと感じた。

ケーブルは絡まりづらくタッチノイズも感じなかったが、冬は静電気が発生しやすいと感じた。

ハウジングは高級感があり、お値段以上の満足感を得られた。

キャリングケースもシックなデザインで使いやすいと思った。

2、音質評価
高域は鮮明だが刺さるような印象はなかった。ボーカルは非常に伸びやかだ。

中音域も明瞭で特にボーカルに関しては前に出てくる印象だ。

低域は量感が無いわけではないのだが、ほとんど主張らしい主張を感じず、存在感を感じなかった。

個人的には珍しい低域だと感じており、アンプなどの機材で量感を上げれば解決する問題でもないと感じた。

この低域に関しては正直、評価するに値しないレベルで、ベースラインを追いたいと考えている方や、低域自体を楽しみたいと考えている方には、このイヤホンは不向きだろう。

また低域の存在感がないため、中・高音域が明瞭に聞こえるが、よくよく聴き込んで見ると全体の解像度が高いわけではないと感じた。

ただ、不思議とこのイヤホンは聞いていて楽しく、他のイヤホンにはない魔法のような魅力があると感じた。

特に女性ボーカルやアニソンとは相性がよく、決してスピード感のある音ではないのだが、音数の多い曲も楽しく聴けると感じた。

ボーカルメインで聞かれる方で10000円前後のイヤホンを購入したいと考えている方は、このイヤホンを選んで間違いないだろう。

また私のように趣味で何百本ものイヤホンを聴いている方でも、サブ機として残したいと思えるような魅力を感じた。

Starfieldと比較されることも多いが、Starfieldは低域に味がありグルーヴ感に面白みを感じるイヤホンだったので、個人的には全くの別物だと思った。

また各帯域のクオリティを比較見当した場合に、AriaではStarfieldには到底及ばないと考えており、数千円とは言え明確な価格差は感じた。

ただStarfieldの低域が合わなかった方にはAriaの方が全体として良いと感じる可能性があるので、試聴してほしいところだ。

【総評】
Moondropのイヤホンは明確な聞かせどころがあって面白い。

ボーカルものが一番合っているとは思ったが、ジャズやクラシックも楽しく聴けた。パンクもポップパンクのような歌メロがしっかりとしたものは楽しめた。

案外、様々なジャンルを楽しめる可能性があるイヤホンだと感じた。

このイヤホンとは長い付き合いをしていくことになるだろう。

【点数】 ★★★★★★★★★ 9/10
【名機認定!!!】

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

●Fiio M9(3.5mm直挿し)
・ナナヲアカリ/七転七起(J-POP,女性ボーカル) ◎
・V.A./歌物語 -<物語> シリーズ主題歌集- [Disc 1](アニソン,女性ボーカル) ◎
TrySail/Sail Canvas(アニソン,女性ボーカル) ○
・uru/オリオンブルー(J-POP,女性ボーカル) ◎

OPPO Reno3 A + iBasso DC03 + Amazon Music HDによるサブスク音源
・神山羊/CLOSET(J-POP) ◎
ニュー・ファウンド・グローリー/Make the Most of It(パンク) ◎
・Palette Knife/New Game+(パンク) ○
・Daniel Pioro/Saint Boy(クラシック) ◎

●Fiio X3 2nd generation(3.5mm 直挿し)
春奈るな/Candy Lips(アニソン,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

KEF「M400」上質で図太い低音のポータブルヘッドホン!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ウォーム〜ドンシャリ
【解像度】普通
【分離感】普通
【音場】狭い
【装着感】普通
【発売当時の値段】32000円

★良い点★
・上質な低音
・機材によって変化するポテンシャル

★悪い点★
・やや悪い装着感
・低音の量が多すぎる。

こちらはイギリスのスピーカーメーカー、KEFのポータブルヘッドホンだ。

発売済みのM500の後継品となり、小さくなり持ち運びしやすくなった。

今回はこちらのヘッドホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
シンプルでデザイン性のある外観は好みに合えば満足度が高そうだ。

32000円のヘッドホンと考えると少しチープな気もするが好みの問題だろう。

側圧は強くないが、ヘッドバンドがそんなに広がらないため、頭が大きい人は試着してから購入した方が良いかもしれない。

またアジャスターが硬く、使用していて長さが変わってしまうようなことがないかわりに、調節するのも一苦労だ。

あとは頭から滑りやすく、首を下に曲げたりすると容易にズリ落ちてしまう。

普通の姿勢で歩いている分には問題ないが、ストレスがたまる方もいるだろう。

ケーブルは細くて耐久性が少し不安だが、タッチノイズなどはなかった。

リモコンはiPhoneだと音量調節、再生・停止ボタンが機能し、Androidだと再生・停止ボタンしか機能しなかった。

意外とリモコンは便利だったのでiPhoneで使う人には良いかもしれない。

折り畳みが可能でキャリングポーチに入れるとかなりコンパクトに持ち運べると感じた。

2、音質評価
高域は明瞭だが、低域が太く出ているので存在感は薄めだ。

中音域も明瞭だが、ボーカルメインというよりは音楽全体で聴きたい人に向いていると感じた。

低域は非常に太く量感があった。上質な低域だが、この量の多さは好みが分かれそうだ。

ポタアンなどの特別な機材を通さず、スマホ直挿し(変換アダプタのみ)の場合は低音がかなり支配的な印象を受けた。

私は低音の量感があるチューニングは好きだが、その私でも少し低音が多すぎるのではないだろうか?と顔をしかめたほどだ。

スマートフォンだけで使う場合だと分離が悪く感じて、グルーヴ感のある音楽のが向いていると感じた。

細かい音の多い邦楽を聴くのには向いておらず、一番合うのはジャズ、次点で洋楽の打ち込みポップスやEDM辺りが向いていると感じた。

ただDAPを使って再生したところ、低音がかなりタイトになり、それに伴ってボーカルや高域が見通し良く聞こえてきた。

良い機材で再生すると30000円代のヘッドホンとしての本領が発揮されたように感じた。

【総評】
低音の量感が多すぎるので、自宅よりは外で本領を発揮すると感じるヘッドホンだ。

また再生機材によってかなり音質が左右されるので、DAPをメインで使っている人におすすめしたい。

スマホ直刺しでも悪くはないが、低音が膨張したような印象を受けた。

機材が充実している時の低音は最高に良質だ。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【ヘッドホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

iPhone 8(Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Beyoncé/RENAISSANCE(EDM,女性ボーカル) ◎
・ハードウェル/Rebels Never Die (Deluxe Edition)(EDM) ○
ボストン交響楽団 & 小澤征爾/メンデルスゾーン:劇音楽《真夏の夜の夢》(クラシック) ○
・Lakecia Benjamin/Phoenix(ジャズ) ◎
テイラー・スウィフト/Midnights (3am Edition)(ポップス,女性ボーカル) ◎
イギー・ポップ/EVERY LOSER(ロック) ◎

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
・DAOKO/anima(J-POP,ヒップホップ,女性ボーカル) ◎
Dos Monos/Dos Siki(ヒップホップ) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

CCA「C12」バランス良いチューニングの中華の名機!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】5BA + 1DD
【発売当時の値段】5800円ぐらい

★良い点★
・価格帯以上の解像度でバランスの良いチューニング

★悪い点★
・特になし

こちらはKZのサブブランド(?)として登場したCCAのイヤホンだ。

高評価を得たC10の後継にあたるイヤホンと思われるが、今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
メタリックなハウジングは高級感もあり、個人的には満足度が高かった。

付属品は特に変わったものはなく、シリコン製のイヤーピースが3サイズ付属していた。

イヤーピースは可もなく不可もなく。私は変更せずに使った。

2、音質評価
高域は明瞭だが刺さるような印象はなく、絶妙なチューニングだ。

中音域は前に出てくるような印象もあるが、個人的にはボーカルだけではなく全体として聴かせるイヤホンだなという印象を受けた。

低域は結構深みがあって、ジャズなんかを聴いても楽しいんじゃないかと思った。

ボーカルは男女両方とも得意な印象だ。

C10と比べると少し低域がタイトになり、中・高音域重視の音になったと感じた。

個人的にはC12のが好きだが、C10のウォームな低域も好ましく思えた。

どちらが優れているかは甲乙付け難く、純粋な上位・下位の差ではないと感じた。

C12は全体的にバランスの良い音かつ、6000円前後のイヤホンとは思えない高いクオリティのサウンドを聴かせてくれた。

またリスニングライクな音で聴いていて楽しいと思えた。

1万円以上するイヤホンの中にもC12より解像度や全体のバランスで劣るものも沢山あるし、C12を性能で上回っていたとしても、音楽を聴いていて楽しく感じるかは別問題だ。

そういう点で、C12のチューニングバランスは絶妙で、当時多数発売されていた中華イヤホンの派手さを抑えつつも、決して退屈な音にはせず、バランスの良い音に仕上げてきた。

1万円以下のイヤホンのベストバイであり、国産イヤホンでは太刀打ちできないような性能にきていると感じた。

当時から高い評価を得ていた1本だが、改めて聴いてみてもすごいと感じた。

付属品だけでも、これだけ楽しめるのに、リケーブルでパワーアップする事を考えたら、そのポテンシャルは計り知れないと感じた。

また複数ドライバーのイヤホンにも関わらずスマホに直接挿してもかなり鳴らしやすいので、ライトユーザーの方にもおすすめだ。

2023年現在、Amazonなどでは何故か価格が高騰しているのが残念だが、6000円以下で買えるようなら是非手に入れてほしいイヤホンだ。

【総評】
このイヤホンは好きだ。低価格帯のイヤホンの中でも特に優秀なものだと断言できる。

改めて聴いてみて名機だと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★★ 9/10
【名機認定!!!】

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

iPhone 8 + ベンチャークラフト SounDroid Vantam(V7LJ2A 7Nclass Lightning-USB横出しデジタルショートケーブルを使ったUSB接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
氣志團/THE YⒶNK ROCK HERØES(J-POP,ロック) ○
・菅原圭/round trip(J-POP) ○
・春野/25(J-POP) ○
・Vaundy/strobo(J-POP ) ○

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
松下洸平/POINT TO POINT(J-POP) ○

●Cayin N5ii(3.5mm 直刺し)
ペットな彼女たち (茅野愛衣, 中津真莉子, 高森奈津美)/君が夢を連れてきた(アニソン,女性ボーカル) ○
大倉明日香/Prime number ~君と出会える日~(アニソン,女性ボーカル) ○
・iri/neon(J-POP,ヒップホップ,女性ボーカル) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

TFZ「KINGⅡ」モニターライクなTFZサウンド!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】普通
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】12800円ぐらい

★良い点★
・高い解像度のモニターライクなチューニング
・迫力・ライブ感があるサウンド

★悪い点★
・高域が刺さりやすい
・モニターライク故に少し退屈なチューニング

こちらはTFZの高い評価を得たEXCLUSIVE KINGの後継作だ。

今回はこちらのイヤホンをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
メタリックな外観は高級感があり所有欲も満たされる。

イヤーピースも2種類3サイズと豊富に付属する。

クリップも付属するが特にタッチノイズは感じなかった。

2、音質評価
高域は鮮明。TFZならではの硬い音で、尚且つ結構刺さりやすい音なので好みは分かれそうだ。

中音域も明瞭。ボーカルもしっかりと聞こえるが、ボーカルメインで聴きたい人よりはリズム隊も含めて全体を聴きたい人に向いているイヤホンだろう。

ギターのディストーションの音なんかはかなり気持ちいい。

低域もタイトながらしっかりとした量感が出ていた。

この低域がよく言えばライブ感があるが、悪く言えば少しこもって感じた。

ギターロックなどはかなり気持ちよく聞けたが、TFZの近い価格帯の他のイヤホン、例えばNo.3や MY LOVE EDITIONなどに比べると少しこもった印象を受けた。

またTFZのイヤホンの中ではかなりモニターライクな音だが、フラットな印象はなく、どちらかと言えばドンシャリ的な音だと思った。

高域の分離が良い分、金物の音がとにかく耳に入ってくるので、音数が多くて聴き疲れするという人もいるかもしれない。

【総評】
個人的にはKINGシリーズ自体がそこまで好きではないので、手放しで薦めることはできないのだが、先入観なくして見た場合に完成度の高い1本だと感じた。

割と低域と高域が主張してくるので、生音のロックに向いていると感じた。

リケーブルで結構化けそうな音ではあるので、もう少し色々と触ってみたいと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

Huawei P30 lite + Fiio Q5s(Fiio CD06によるUSB接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
ドレスコーズ/戀愛大全(ロック) ○
・DJ JAM/BRAVURA STUDIO(ヒップホップ) ○

OPPO Reno3 A + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3D(3.5mm) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Military Shadow/Blood for freedom(パンク) ○

Huawei P30 lite + iBasso DC03 + Amazon Music HDによるサブスク音源
TAIKING/TOWNCRAFT(ロック) ◎
・感覚ピエロ/ピリオドは踊る(ロック) ○
・MIYACHI/CROWS(ヒップホップ) ○
Pile of Love/Flake on the Future - EP(パンク) ○
・Single Mothers/Everything You Need(パンク) ○

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(Hybrid Master(mini-mini)【AP-PCSC-Hybrid-M】(3.5mm to 3.5mm)によるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
Suara/Infinity 希望の扉(アニソン,女性ボーカル) ◎

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(ALO audio Cryo SXC 18G mini to miniによるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Pan American/The Patience Fader(アンビエント) ○
Original Love/MUSIC, DANCE & LOVE(J-POP,ロック) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

FAudio「Minor」究極のダイナミック型イヤホン!!

【高音】★★★★★
【中音】★★★★★
【低音】★★★
【傾向】フラット
【解像度】良い
【分離感】良い
【音場】広い
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】73480円

★良い点★
・圧倒的な高音の伸び
・量感はないが沈み込む低音

★悪い点★
・デフォルトイヤーピースだと遮音性に欠ける

こちらはFAudioの新素材の「ベリリウムコーテッド・メディカルファイバー振動板」を使用した1DDイヤホンだ。

今回はこちらをレビューしよう。

1、音質以外の評価
イヤーピースは2種類付属している。

ボーカル特化型の「FA Vocal(黒)」とバランス重視の「FA Instrument(白)」だ。

ハウジングは非常に高級感がある。冬だと装着時に冷たさを感じる。

キャリングポーチも高級感があり、使い勝手が良い。

イヤーピースのフィット感が微妙なのと、低音の量感が少ないため他のイヤホンに比べると遮音性が少し心元ないが、イヤーピースの交換で改善は可能だ。

個人的に装着感を上げるならスパイラルドットがおすすめだ。

2、音質評価
高域はダイナミックドライバーとは思えないほどの伸び方で、天井を感じさせない伸びだ。

女性ボーカルから管楽器の音まで、とにかく伸びるし、音場も広く感じた。

中音域も明瞭。ボーカルは息遣いまで聞こえてきそうだ。楽器の音も解像度が高い。

低域はタイトだがしっかりと沈み込んだ。ヒップホップなども音源によっては悪くない。

ただしデスメタルメタルコアなどのエクストリームな音楽にはもう少し量感が欲しいところだ。

個人的にはかなり好きな音のイヤホンで、1DDのイヤホンには珍しい中・高域重視の音だ。

付属のどちらのイヤーピースでもボーカルは明瞭だが、白の方が楽器とボーカルの聞こえ方のバランス配分がよく感じた。

クラシックも開放感があってコンサートホールで実際に聴いているような気持ちになれた。

ロック系の楽曲を聞けば爽快感があり、アコースティックな音楽を再生しても、その空気感を見事に再現してくれた。

高額なイヤホンの中では久しぶりに試聴してピンときて購入したイヤホンだ。

このイヤホンを聞いた後に別のイヤホンを聴くと少しこもって聞こえるしまうぐらいだ。

【総評】
決して安いとは言えない価格帯を考えても高性能なイヤホンだと感じた。

圧倒的な解像度とダイナミック型ならではの低音の沈み込みで、非常に完成度の高いイヤホンだと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★★ 9/10
【名機認定!!!】

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

FA Vocal(黒いイヤーピース)
Huawei P30 lite + Fiio Q5s(HWA接続) + AM3D(3.5mm) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Curtis Symphony Orchestra & Osmo Vänskä/Rimsky-Korsakov: Scheherazade, Symphonic Suite for Orchestra, Op. 35(クラシック) ○
・Kabanagu/ほぼゆめ(J-POP) ○

Huawei P30 lite + Fiio Q5s(Fiio CD06によるUSB接続) + AM3E + Amazon Music HDによるサブスク音源
・MindaRyn/My Journey(アニソン,女性ボーカル) ○

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(DITA Truth Interconnect 3.5 to 3.5 Mini Cableによるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・▽▲TRiNITY▲▽/Δ(DELTA)(J-POP,女性ボーカル) ○
・SKY-HI/THE DEBUT(ヒップホップ) ◎

FA Instrument(白いイヤーピース)
Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(DITA Truth Interconnect 3.5 to 3.5 Mini Cableによるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・黒子首/ペンシルロケット(J-POP,女性ボーカル)

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(HUM Interconnect cable (3.5mm to 3.5mm)によるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・FOMARE/midori(ロック) ○

OPPO Reno3 A + Fiio Q5s(LDAC接続) + AM3D(3.5mm) + Amazon Music HDによるサブスク音源
清塚信也/Transcription(クラシック) ◎

Huawei P30 lite + xDuoo XD-01(ALO audio Cryo SXC 18G mini to miniによるアナログ接続) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・Warner Karloff/Tanz Der Automaten(インダストリアル) ○
・春ねむり/春と修羅(ヒップホップ,女性ボーカル) ○

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △

KBEAR「KNIGHT」金属筐体のインナーイヤーでライブ感ある音!!

【高音】★★★★
【中音】★★★★
【低音】★★★★★
【傾向】ドンシャリ
【解像度】良い
【分離感】普通
【音場】広い
【フィット感】普通
【取り回し】普通
【ドライバー】1DD
【発売当時の値段】 2000円ぐらい

★良い点★
・ライブ感のある音
・インナーイヤーにしては量感のある低音

★悪い点★
イヤーパッドなしだとバランスの悪い音
・少し金属的(人工的)にも感じるチューニング

こちらは金属筐体の安価なインナーイヤーイヤホンだ。今回はこちらをレビューしてみよう。

1、音質以外の評価
付属品はイヤーパッドとイヤホンクリップだ。リケーブルは不可。

タッチノイズは個人的にはほとんど感じなかった。そのためクリップがなくても使用には問題ないと感じた。

イヤーパッドによって音質は大きく変わり、好みは分かれると感じた。

またインナーイヤーには珍しくシュア掛けが可能で、装着感が安定しやすいと感じた。

2、音質評価
高域は明瞭。イヤーパッドなしだと刺さりやすい。ありだと刺さりづらくバランスが良いと感じた。

中音域も明瞭。イヤーパッドありだと、多少低音にボーカルがマスクされるような印象もあった。

低域はインナーイヤーにしては量感があるが、イヤーパッドを付けると更に低域の量を感じることができた。

個人的にはイヤーパッドありの方がダントツで好きで、なしだと全体のバランスが悪く刺さりやすいと感じた。

またイヤーパッドありのが装着感も安定していると感じた。

ただそれぞれの印象はだいぶ違い、パッドなしだと中・高音域寄りの印象、パッド有りだと低域寄りの印象を受けた。

またパッドなしだとボーカルの伸びや開放感を感じられるが、パッドありだと少しこもって感じる方もいそうだ。

どちらにしてもドラムのアタック感が心地よくロックやパンクに向いていると感じた。

またボーカルは男女共に得意だが、パッドなしのが女性ボーカルは際立って感じた。

【総評】
ライブ感のある音が個人的には好きで、ロックやパンクをノリノリで聴きたくなる音だ。

またインナーイヤーらしい音場の広さも特徴的だ。

スマホでも鳴らしやすく、DAPやポタアンなどの機材がなくても手軽に使えるため、安価なイヤホンの中ではかなり高レベルだと感じた。

【点数】 ★★★★★★★★ 8/10

【イヤホンレビューに使ったDAP,音源,アルバム】

OPPO Reno3 A(直挿し) + Amazon Music HDによるサブスク音源
・nuance/botan(アイドル,女性ボーカル) ◎
・Gladie/Don't Know What You're in Until You're Out(パンク,女性ボーカル) ◎
・HAZUKI/EGOIST(ロック,ヴィジュアル系) ○
・アーチャーズ・オブ・ローフ/Reason in Decline(ロック) ◎

●Fiio M9(3.5mm直挿し)
YUI/CAN'T BUY MY LOVE(J-POP,女性ボーカル) ◎
中川翔子/Big☆Bang!!!(J-POP,女性ボーカル) ◎
ペットな彼女たち (茅野愛衣, 中津真莉子, 高森奈津美)/君が夢を連れてきた(アニソン,女性ボーカル) ◎

※私はアルバム全曲を通して聴く事を好み、1曲単位では聞かないです。
※かなり相性が良い→◎ 相性が良い→〇 あまり良くない △